Skip to content
Anime Guides Japan

ラプターズのスコッティ・バーンズとホークスのトレイ・ヤングがオールスターの代役に選ばれる

ラプターズのスコッティ・バーンズとホークスのトレイ・ヤングがオールスターの代役に選ばれる

ハイライト

  • スコッティ・バーンズとトレイ・ヤングが、2024年のNBAオールスターゲームでジョエル・エンビードとジュリアス・ランドルの負傷代役に指名された。
  • バーンズは平均得点、リバウンド、アシストでキャリアハイを記録し、飛躍のシーズンを送っている。
  • ヤングは3度目のオールスター出場となり、特に3ポイントシュートとアシストで目覚ましい成績を残している。


過去2週間にわたり、NBAはスターターからリザーブまで、オールスターゲームに出場する選手を発表してきた。

例年と同様、怪我で祝典を辞退する選手も何人かいるが、NBAは膝の手術から回復中のジョエル・エンビードと数週間戦列を離れていたジュリアス・ランドルの代わりとなる2人を発表した。肩の怪我で。

エンビードとランドルの代わりに、最近肩にチップを抱えながらプレーしているトロント・ラプターズのフォワード、スコッティ・バーンズとアトランタ・ホークスのトレイ・ヤングが、チームを代表してオールスターゲームにインディアナ州へ飛び立つ。

ここまで50試合に出場し、バーンズは平均20.2得点、シュート成功率47.9%、ディープシュート成功率36.5%、8.1リバウンド、5.8アシストを記録している。 フィールドゴール成功率を除くこれらの統計はすべてキャリアハイだ。

ヤングは平均27.3得点、10.9アシストを記録しており、後者はリーグ2位に入る成績だ。 同様に、ヤングはディープシュート成功率38.4パーセントを記録しており、キャリアハイとなっている。


Index

    オールスター ゲームの新顔とおなじみの顔

    ヤングはバーンズの初出場に対し3度目の出場となる

    トレイ・ヤング

    ヤングがオールスターに選ばれるのはこれで3度目となる。 最初は2020年に1試合平均29.6得点、9.3アシストを記録し、2度目は2021-22シーズンに平均28.4得点、9.7アシストを記録した。

    トレイ・ヤング – オールスターゲームの統計

    カテゴリー

    統計

    プレイしたゲーム

    2

    PPG

    11.5

    APG

    10.0

    FG%

    39.1

    3PT%

    33.3

    彼の成績、特に1試合あたりの3ポイントシュートとアシスト数が過去2試合の成績を上回っていることを考えると、25歳の彼がチームに指名されなかったとき、多くの人が困惑したままだった。

    一方、バーンズは、2021年にリーグに加入して以来、ラプターズとともにゆっくりと、しかし確実に成長を遂げ、初のオールスター出場を果たしている。両選手ともまだ若いので、彼らの生産が進化し続ければ、優勝する可能性が高い」彼らも最後ではない。

    2024 NBA オールスター ゲームは 2024 年 2 月 18 日に開催され、第 73 回大会を迎えます。 最近のシーズンとは異なり、試合は東対西のカンファレンス形式に戻ります。

    関連している

    ドノバン・ミッチェルにはオールスターウィークエンドの歴史を作るチャンスがある

    ドノバン・ミッチェルは今年のスリーポイント・コンテストに参加しているため、彼は同コンテストとダンク・コンテストで優勝する最初の選手になる可能性がある。