Skip to content
Anime Guides Japan

アーセナル、スビメンディ移籍から「撤退」

アーセナル、スビメンディ移籍から「撤退」

ハイライト

  • アーセナルは「プレー上の理由」でレアル・ソシエダのマルティン・スビメンディ獲得を断念した。
  • デクラン・ライスは素晴らしい攻撃成績で期待を上回り、異なるミッドフィールダーの必要性を浮き彫りにした。
  • トーマス・パルテイの退団の可能性は、アーセナルの中盤移籍の決定に影響を与えるかもしれない。


アーセナルは、夏の補強でデクラン・ライスと共にプレーするスター選手を探すため、過去数か月間、レアル・ソシエダのミッドフィールダー、マルティン・スビメンディの獲得に動いていたとみられている。しかし、FCバイエルン・インサイダーのポッドキャストによると、ミケル・アルテタが「プレー上の理由」で契約を破棄したため、このスペイン人はもはやアーセナルの新たなエンジンルームのメトロノームの候補リストから外れたという。

アーセナルは過去数シーズン、プレミアリーグで間違いなく2位のチームであり、2度ともマンチェスター・シティにタイトルを奪われたが、シーズン最後の数週間はシティを最終日まで引き離して激戦を繰り広げた。アルテタ監督は、最終的に均衡を崩すためにチームへの補強を検討しており、タイトル争いで前監督のペップ・グアルディオラを追い抜くためにストライカーとミッドフィールダーの獲得を狙っている。しかし、さまざまな噂があるにもかかわらず、アーセナル監督がソシエダのスター選手であるスビメンディを獲得しないと報じられており、監督は「プレー上の理由」でこの選手への関心を撤回した。



Index

    アーセナル:マルティン・ズビメンディ最新情報

    アーセナルはスペイン人選手獲得に動じないかもしれない

    ミックスコラージュ-20-May-2024-07-08-PM-7960

    FCバイエルン・インサイダーのポッドキャストでクリスティアン・ファルクは、アーセナルは契約解除金として6000万ユーロ(5100万ポンド)を支払う用意があるものの、 彼らはズビメンディと契約したくない 彼とアルテタ監督は「非常に親しい」関係にあったにもかかわらず、「プレー上の理由」で退任した。彼はこう語った。

    「アーセナルも後退している [from Martin Zubimendi]だが、実際には6000万ユーロの退団金を支払う用意があった。しかし、結局、プレー上の理由でスビメンディを欲しがらなかった。アルテタもスペイン人で、2人は非常に親密だったと言われている。」

    デクラン・ライスの好調さから、ズビメンディは不要かもしれない

    イギリス人選手は前進力を発揮した

    デクラン・ライスがアーセナル対ボーンマス戦の得点を祝う


    ライスは今シーズン、アーセナルで素晴らしい活躍を見せているが、契約時には、イングランド代表のスター選手がアーセナルの6番として攻撃を分断し、マルティン・ウーデゴール、ブカヨ・サカ、ガブリエル・マルティネッリといった攻撃のスター選手たちを攻撃に駆り立てるプレーを誘発するだろうと思われていた。

    デクラン・ライスのプレミアリーグ統計 – アーセナルのチームランキング

    統計

    出力

    分隊のランク

    出演

    38

    =1位

    アシスト

    8

    3位

    1試合あたりのキーパス数

    1.2

    =4番目

    1試合あたりのタックル数

    2.2

    1位

    1試合あたりのインターセプト数

    1.2

    1位

    試合評価

    7.38

    2番目

    統計情報 誰がスコアしたか – 2024年7月6日時点


    しかし、元ウェストハム・ユナイテッドの選手は今シーズン、ピッチの最終3分の1で十分な実力を発揮していることを証明した。リーグ戦での7ゴールと8アシストだけでもその実力は明らかであり、攻撃面での活躍は彼を プレミアリーグシーズン最優秀選手賞にノミネートアーセナルは以前、ボックス・トゥ・ボックスで優位に立てる選手を求めていたが、ライスがその役割を担うことで、その望みはなくなるかもしれない。それがアーセナルとズビメンディのつながりである。

    スペイン人、 バルセロナの伝説シャビが「並外れた」と評したはボールを扱うミッドフィールダーで、ボールを保持しているときも持っていないときも有能で、落ち着いていて、効率的な選手であり、ライスの完璧な引き立て役になる可能性があった。しかし、アーセナルは代わりに別のミッドフィールダーを探しているようで、そのため彼は「プレー上の理由」で選ばれたわけではない。


    トーマス・パーティ 夏に売れるかもしれない ジョルジーニョの契約は来シーズン末で終了するため、2025年に契約が切れるジョルジーニョが新監督のバックアップとなる。一方、カイ・ハフェルツは、ポルトから移籍して以来、北ロンドンで才能をフルに発揮する機会がなかったファビオ・ヴィエラとともに、必要に応じて8番の役割を果たせることを示している。

    関連している

    アーセナル、長期ターゲットのストライカー獲得は「今しかない」と警告

    ジョシュア・ツィルクツェーはヨーロッパ中で求められている人物であり、オランダ人選手は遅かれ早かれ契約される必要がある。

    統計提供元 トランスファーマルクト