Skip to content
Anime Guides Japan

SHANG-CHI監督がNARUTO実写版を監督

以前から『NARUTO -ナルト-』の実写映画化の話はあったが、 『シャン・チーと十輪の伝説』のデスティン・ダニエル・クレットン監督が製作に参加 プロジェクトの実際の実現に向けて重要なステップとなりそうです。

ハリウッド・レポーターは次のように述べています。 クレットンはライオンズゲート映画の監督に加えて脚本も書く予定だ。 ある時点で、クレットンは『アベンジャーズ 5』の監督を危うく務めたが、この映画にはまだカン・ダイナスティという字幕がついていた。 彼はその後プロジェクトから離れたが、依然として『シャン・チー』続編の監督に興味を持っている。

今のところ ナルト映画とシャンチー続編の公開日は不明そのため、どちらのクレットンが最初にタックルするかは不明です。

プレスリリースでは、 NARUTOの作者岸本斉史氏がプロジェクトに賛同「デスティンの起用を知ったとき、それは彼の最も興行収入の高いアクション映画のひとつを観た直後でした。そして、彼はナルトにぴったりの監督だと思いました。」 彼の他の作品を鑑賞し、人間についてのしっかりしたドラマを作ることが彼の得意分野であることを理解した後、私はナトゥーロにとってこれ以上の監督はいないと確信しました。 デスティンに会ったとき、彼は私の意見を積極的に受け入れてくれる、オープンマインドな監督のように見えたので、制作プロセスで一緒に協力できると強く感じました。」