Skip to content
Anime Guides Japan

鳥山明美術館、ドラゴンボールファンの支持を得て知事や首脳らから支持を獲得

鳥山明美術館、ドラゴンボールファンの支持を得て知事や首脳らから支持を獲得

ドラゴンボールは鳥山明の悲劇的な死後、脚光を浴びることから遠ざかっていたかもしれないが、この愛すべきシリーズは復活の準備ができている。

この秋には『ドラゴンボール ダイマ』が発売され、ファンは『ドラゴンボール超』の漫画の復活を期待できる。しかし、連載休止中に、鳥山氏自身に特化した博物館がオープンする可能性に注目が集まっている。

ヤフージャパンは最近、この運動を取り上げ、鳥山明美術館の設立を求めるファンのキャンペーンに光を当てた。

Index

    「ドラゴンボールファンと関係者が鳥山明博物館の提案に協力

    鳥山明と悟空(東映)

    愛知県知事の大村秀章氏は記者会見でこれらの要望について言及した。世界中のネットユーザーらは、鳥山氏と愛知県とのつながりを考慮して、愛知県に博物館を設立するよう求めている。

    大村氏は、故漫画家と密接に協力してきた人々の気持ちを反映し、鳥山明美術館の設立の構想に全面的に賛同すると表明した。鳥山氏の元編集者である松山崇氏は、熱心なファンとしてそのような美術館の設立を希望していると述べた。

    鳥山明と悟空(東映)

    愛知県知事は、鳥山氏の遺産管理団体やライセンス所有者と協力して美術館の実現に意欲的だ。著作権などの複雑な問題を認識しつつも、

    大村氏はその可能性を模索することに熱心に取り組んでいる。同氏はこの構想に個人的に賛同していることを強調し、実現に強い関心を示している。

    鳥山明とピッコロ(東映)

    現時点では鳥山明美術館を設立する具体的な計画はないが、それを求める気持ちは明白だ。

    鳥山氏が、特に『ドラゴンボール』やその他の作品を通じて世界のポップカルチャーに与えた影響は否定できない。今年初めの彼の突然の死は、世界中の何百万人ものファンに大きな喪失感を残した。

    鳥山氏を記念した博物館を設立することは、彼の永続的な遺産にふさわしい敬意を表すことになるだろうし、彼の故郷はその責任を引き受ける準備ができているようだ。