Skip to content
Anime Guides Japan

ワンピース – ルフィのギア5はコミックすぎる?

ワノ国編終盤、ルフィはカイドウとの戦いで驚異的な力を手に入れました。 ついに、 悪魔の実が覚醒し、ギア5が使えるようになった、ルフィの最強の変身として発現しました。

ギア5はルフィの最もばかげた能力であり、ゴムの力を周囲や敵に伝達することができます。 対戦相手を欺く、楽しくて奇妙なテクニックにつながる

ギア5はルフィの力を大幅に高め、同時にルフィを最も自由な状態にします。 彼のこの自由な性質は、しばしばコメディの形で現れます。 シリーズの多くのファンは彼のキャラクターのこの側面を評価していません特に真剣な戦闘では。 ギア 5 については議論しなければならないことがたくさんあります。だからこそ、このパワーアップは一部のファンの間で意見が分かれるかもしれません。

Index

    ギア5が最もばかげた能力である理由

    カイドウとのルフィの戦いで、この能力が存在するすべての能力の中で最もばかげていることはファンにはっきりと明らかにされました。 五老星もそれが最も馬鹿げた能力だと信じていた。、彼女が最強であるという意味ではなく、単に彼女がしばしば非常にばかげている可能性があるためです。

    ギア5はルフィがゴムの力を周囲に伝達できる能力です。、島全体をゴムに変えますが、それだけではありません。 彼はまた、ゴムの力を敵の体に移し、彼らの厳しい防御を突破して大きなダメージを与えることができます。

    さらに、ルフィのコメディ的な性質は、戦闘について何を判断すればよいのかわからない敵を混乱させることがよくあります。 カイドウとの戦いでは、 ルフィは彼を巨大な風船にしたり、縄跳びとして使用したりしました、とりわけ。 同様に、ルッチとの戦いではルフィも奇妙な技を使い、黄猿との戦いではさらにワンランク上の技を披露し、ワンピース史上最も面白い技を披露しました。


    少なくともファンは、ルフィがギア5の力を使い、最も深刻な状況さえもコメディーな状況に変えるとき、かなり笑わせていると言えます。 しかし、まさにこれに同意しない人もいます。 ルフィのコメディ性はそれ自体が楽しいのですが、戦いのシリアスさの中に溢れ出すことがよくあります。と一部のファンの間で問題になっている。

    ギア5は不真面目すぎませんか?

    ルフィのギア5変身をどう思うかはともかく、 それが非常に陽気であり、シリーズの状況の深刻さをしばしば損なうという事実は否定できません。。 ただし、ギア 5 がコミカルすぎるというのは完全に正確ではありません。

    ギア5はルフィのキャラクターを完璧に体現しています。 ルフィは常に信じられないほどの創造性と笑顔で戦いを戦ってきました。。 アーロンとの戦いでも、クロコダイルとの戦いでも、ルフィは常にコミカルな戦いを続けてきました。 ロブ・ルッチとの戦いでさえ、彼のキャラクターのこれらの側面が強化され、戦いが厳しくなっても、ルフィのこの側面は常にそこにありました。

    したがって、ルフィがかつては非常に真剣に戦っていたが、ギア5によってそのキャラクターの側面が完全に変わったと言うのは不誠実です。 そうは言っても、ギア 5 がそのキャラクターのこの側面を最大限に表現していることは疑いの余地がありません。 ギア 5 の戦闘は非常に楽しいことが多く、 それがルフィというキャラクターの本質です。

    何より、ルフィが真剣な戦いをしなくなったと言うのも間違いです。 カイドウとの戦いで、ルフィはここぞというときは本気になれることをはっきりと示した、余裕があるときは愚かです。 たとえば、ルフィはカイドウとの戦いでそのゴムの力を最大限に発揮し、最もばかげたスキルのいくつかを使って彼を倒しました。バジュラン・グン、ファンは彼も真剣であることを明らかに見ました。

    その瞬間、このキャラクターの口調は完全に変わりました。 したがって、ギア5はそのキャラクターをさらに高めていると言っても過言ではありません。 ルフィを解放者に変え、どこに行っても笑いと喜びをもたらす。 ルフィは自分の漫画の登場人物だけでなく、読者自身にも影響を与えます。

    尾田先生が読者を笑わせてくれたら、それはもう漫画家としての仕事を終えたということであり、それこそがギア5の本質なのです。 時が来れば、ルフィは本気になって公共の利益のために敵を倒すでしょう。。 ギア5ほどルフィのキャラクターに起こったであろう素晴らしいことはありません。ファンがこの力について目にするすべてのエピソードは、それを証明するだけです。