Skip to content
Anime Guides Japan

チェンソーマン 第136話感想:普通の人生を送ることが良い人生なのか?

普通の生活を送ろうとするデンジは、この作品の多くの焦点の 1 つです。 チェーンソーマン それは今日でも関連性を求めています。 その目的は、デンジとポチタがゴミ箱の中で融合した時点から始まっただけでなく、デンジが公安局で働き、最終的にはチェンソーマンのような自警団員となる原動力の一つでもあったが、最近では様々な酌量すべき事情により、ナユタの誘拐と堕落の悪魔との大惨事の戦いを含む、デンジはその後悪魔の姿に変身することを禁止され、あなたが戦ってきたまさに普通の生活を経験しながら、自分が辺獄の状態に閉じ込められていることに気づきました。 136章

この表示は、デンジがゆっくりと学校に入ってきた最初のページから始まりました。 デンジが靴を履き替えていると、ある生徒がデンジに近づき、最近の一連の「功績」の責任者は同級生の三鷹アサではないかという憶測が広まっているのに、なぜチェンソーマンのTシャツを着ているのかと尋ねた。 、これには、第117章(真実)で永遠の悪魔を倒し、第109章(議論の余地あり)で大きな悪魔(ユウコ)を倒すことが含まれていました。 この瞬間は表面的には些細なことのように見えましたが、世間の注目を浴びたアサの存在感を強め、人々はチェンソーマンを捨て、彼に取って代わる新たなヒーローとしてアサを選ぶようになりました。

デンジがシャツを通してチェンソーマン(自身)への支持を示している中、学生はなぜ「被害者」が好きなのかと尋ねるが、デンジがその言葉に答える前に、自警団ヒーローに対する中傷疑惑を聞いた別の学生が会話に割って入った。 そして、一秒も無駄にせず、2人目の生徒は、アイドルの名を貶める口論に参加したとしてデンジの顔を殴った。 この人が悪魔のような姿をしている本人を無意識に殴っているという事実は気にする必要はなく、2番目の生徒の行動は、最初の生徒がアサの代わりに語ったように、彼がどれほどチェンソーマンに献身的であるかを示し、このように続いた。 2つの派閥の間で。

チェンソーマン 第136話
チェンソーマン © 2018 by 藤本タツキ/SHUEISHA Inc.

デンジと喧嘩を始めた張本人は二番目の生徒であることは読者もよく知っているが、喧嘩が終わりデンジが職員室に呼ばれた時、矢面に立たされたのは後者だった。 不公平かもしれないが、参加者の一人が負傷して入院が必要なほどになり、もう一人が安定した家を持たずに育ったことが知られているのを教授が見たら、どちらの側につくか考えるのは難しくない。 平均的な同世代と同じレベルで育てられた幸運に恵まれなかった人々の背後には、このような社会的汚名がある。

デンジが職員室から出てくると、偶然、廊下で吉田博文が授業をサボろうと誘って待っていた。 デンジがケンカの際に相手の生徒に与えた歯が抜けたというダメージを吉田が持ち出した後も、そのような身体的なことは普通の高校生にはよくあることだと言って無視し、デンジを困惑させた。 ヨシダはさらにデンジに、学校を休めば二人とも普通の高校生になるのかと尋ね、デンジの混乱をさらに悪化させた。

デンジにとって幸運なことに、デンジは物語の序盤でマキマとデートに行ったことがあるため、映画館は混乱するほどではありませんでした。 避難した映画館で二人が映画を観ている間も、悪魔が現れてすぐにハンターに殺されてしまうという出来事があったが、吉田さんは自分から見てこの行為はおかしいのではないかと考えた。

劇場前に殺された悪魔の死体が横たわっている中、吉田はチェンソーマンの人々が悪魔ハンターの存在と仕事を素早く終わらせる能力を必要としていない現状について語る。 吉田はデンジに対し、「チェンソーマンとしてのふざけた行為に戻る必要はない。章の出来事を経験し、それに関連するすべてのことをやり続けることで、代わりに今の人生に満足する必要がある」と強調した。昔のやり方、昔のやり方に戻ること。

チェンソーマン © 2018 by 藤本タツキ/SHUEISHA Inc.

ヨシダがデンジに、自分は「映画の主役」ではなく、自分がいなくても「世界が終わるわけではない」と語ったとき、その指摘は明らかになった。 世界は動き続け、彼は妨げられることなく存在し続けるでしょう。公安の一員だった頃のデンジのような生活とは大きく異なります。 確かに、これは彼女が悪魔を容赦なく殺すような悪魔的なやり方を楽しむことはないことを意味しますが、少なくとも彼女が大切にしているすべての人は安全になるでしょう。

それなのに、完全に正常で穏やかなこの地点に到達した後、デンジは完全に満足したはずだったが、彼が一人で劇場に座っていたとき、ちなみに、そのシーンは、デンジとマキマが一人で遅くまでいた第39章の出来事と並行していました。夜。 その夜、映画館でデート中、彼女はその望ましい感情の欠片も感じませんでした。

「ねえ」デンジは帰り際に吉田に言った、「これが普通ってことなの?」 ヨシダが肯定的に答えたとき、デンジはその言葉を信じるべきか迷った。 デンジは、吉田の厚意で、付き合いたがるクラスの女子とデートの約束を取り付けた後も、まったく付き合う気はなかった。

問題の女の子に関しては、彼女は間違いなく婚約する気分でした。 デンジが雄弁に描写したように、彼女は「遊んでいる」 [his] ソーセージ。”

それは正しい。 マキマ、ヒメノ、レゼ、アサに次いでデンジの人生でこれまで5人目の女の子がデンジに手を差し伸べ、彼の親友やみんなに触れている。 一方、デンジの過去の女性関係を認めると…待て、違う。 デンジの前に一人の少女が先を行く。

しかし、それでも歴史を通じて、デンジは女性に対して途方もない不運に見舞われてきました。 彼が誰かとペアになるたびに悪いことは常に起こり、すべての兆候は彼が直面する同じ醜い結論を示しています。 また、どの世界の女性が初対面の男に腹を立てることがあり得るのでしょうか? 売春ならそれでいいけど、避難した映画館で? 問題は書くこと自体です。

デンジが再び女性の姿で火と戦うことと、反チェンソーマン派と親チェンソーマン派の間で続く不和に焦点を当てたことに加えて、第136章はデンジのキャラクターの背後にあるいくつかの興味深い展開を提供しました。 デンジは、チェンソーマンになることを選ばず、吉田が描いた平凡な日常の中で生きれば生きるほど、自分自身の抜け殻のように見えてくる。

チェンソーマン © 2018 by 藤本タツキ/SHUEISHA Inc.

デンジの中にエネルギーはなく、何かをする動機もありません。 結局のところ、彼はもうチェンソーマンにはなれないので、この物語の第二部と比較して、彼は以前のような賞賛を得ることはできません。 吉田監督が言うように、彼は「映画の主人公」ではない。 本質的に、デンジはエキストラの役割に追いやられました。

この時点で、デンジがこの新たな日常生活に適応しておらず、まったく楽しんでいないことは明らかです。 大勢のファンの前で人気を享受することから、学校の教職員の目には迷惑者として映るまで、デンジは、物質を切実に求めて世界をさまよう、生気のない自分自身となった。 これが彼、そしてポチタが最初から思い描いていた人生なのだろうか? それに、これはあなたが本当に望んでいる人生ですか?

第134話でナユタがデンジに言った言葉を思い出してください。 なし 普通の生活より良いですか? 彼はデンジがヨシダの最後通牒の条件に同意する決断を下したことについての会話の中でこう言った。 デンジは当時、ナユタの命を守るために二度とチェンソーマンにならないという決意を再確認したが、現在は自分の楽しみのためにそのような行動に価値があるのか​​どうか疑問に思う段階にある。 また、目標に焦点を移すことで、人生でどの程度の富を築きたいか(つまり、女性と人気)も考慮するかもしれません。これについては、何度も言及されています(第 92 章、93 章、103 章、および127)。

一方で、女の子が何の前触れもなくソーセージを触っているときは、おそらくその話題は彼女の関心事ではないでしょう。 セックスへの欲求を持つ若者の心は謎です。

チェンソーマン136話感想:普通に生きるのが良い人生なのか? 。

『チェンソーマン』第136話感想:普通に生きるのが良い人生なのか? 最初にSin Rellenoで公開されました。

Original source in japanese