Skip to content
Anime Guides Japan

インタビュー:BLUE LOCK声優・浦一樹さんとプロデューサー・有沢涼也さん

スポーツアニメはこれまで数え切れないほどありましたが、 ブルーロック 長年培われた公式を破るのは数十年ぶりかもしれない。 このジャンルのアニメのほとんどは同様のパターンに当てはまります。 ある種の特別な資質を持つ主人公がチームとともに成長し、さまざまなトーナメントやトレーニングアークを通過して競技での成功を目指します。 中心的なテーマは、ほとんどの場合、無私無欲、スポーツマンシップ、チームワーク、そして私たちが典型的な真のアスリートに期待するものすべてです。 ブルーロック それらすべてをすぐに脇に置き、おそらく多くのプレイヤーの心に近いテーマ、つまりエゴイズム、絶対的なベストになること、競争を支配すること、そして間違いなく強いことに焦点を当てます。

どちらかというと、アニメの主人公や中心人物は、典型的なアニメの悪役に近いことが多いです。 このシリーズは、究極のストライカーを生み出すために 300 人の高校生ストライカーを互いに競わせる日本サッカー協会の特別プログラムに焦点を当てています。 プログラムから除外された者は、日本代表としてのプレーを一切禁止される。そして、最初のエピソードで、上記の理想に当てはまる複数のキャラクターが、コアキャラクターグループによってその夢を容赦なく打ち砕かれる。 Anime NYCで、私たちは話す機会を得ました。 主人公・伊佐木陽一の声を担当する浦一樹さん、 そして 番組プロデューサーの有沢涼也さん、このアニメを非常にユニークで素晴らしいものにするための作業について。

このインタビューはわかりやすくするために軽く編集されています。

Index

    ブルーロックの作成

    質問: ブルーロック 『』はスポーツアニメの中でも非常にユニークで、特にチームのためにプレーするだけではなくエゴイズムや自己中心的なテーマを追求している。 その感覚をアニメの見た目や声のサウンドにどのように表現しましたか?

    浦: エゴを扱うのはアニメではかなり独特なので、キャラクターをもっと掘り下げて他のアニメとは違うものにする必要がありました。 私の声の音だけでも。 他のアニメでは、典型的な声は作られたかわいい声であり、良く聞こえる必要があります。 と ブルーロック私は、良く聞こえることを心配するのをやめ、キャラクターにしっかりと入り込み、彼らが何を経験しているのかを感じることができ、それが私の声に反映されました。

    有沢: アニメはチーム全員で作るので、そういう意味では団結力がありました。 しかし、それは人としての自分を表現する方法でもあると思います。 それがみんなの気持ちを一つにする方法だと思います。 私たちは同じ目標を持っていました:最高になることです。 私たちはそれを言うことに恥ずかしがりませんでした。 私たちはお互いに、できる限り最高のアニメを作るつもりだと言いました。 そういう意味では、ここまで露骨に勝ちにこだわるアニメは珍しいと思います。 それがこのシリーズを作る上でのユニークな点でした。

    Q: エピソードを検討するために、また、どのように話をするかを選択するために、お二人はどれくらい現実のサッカー選手に注目しましたか?

    浦: たくさんの選手のプレーを見てきました。 動き、つまり彼らが身体的に何を経験しているのかを理解していなければ、プレーヤーの声を表現することはできません。 漫画の作者がそれぞれのプレーのモデルとなった選手を説明してくれたので、その選手をピックアップして試合でのパフォーマンスやプレーを見て、そこから情報を得るようにしました。

    有沢: アニメを作る際にはモーションキャプチャーを使って実際のサッカー選手の動きを捉えていますが、アニメスタッフも有名なサッカーのプレーを見て参考にしています。 クリエイティブチームは実際の試合でスタジアムに行き、それがどのように展開するか、特に観客が興奮し、興奮し、騒々しいときのスタジアムの雰囲気を確認しました。 無観客でもサッカーの試合ですが、その興奮は今でもわかります。 私たちはその瞬間を捉えてアニメーションに反映したいと考えました。

    私が想像しているのは、サッカーの試合で他のみんなが応援しているクリエイティブチームと、メモ帳を持ってメモを書き記しているだけのチームです。

    両方: まさにその通りでした

    性格と親族関係

    イサギを演じて一番好きなシーンはどこですか?

    :第一話、イサギが川辺で泣くシーンですね。 試合に負けて泣くこともありますが、負けたからこそ勝ちたいという強い思いが生まれるのです。 振り返ってみると、私の人生は、キャリアにおいても、人生においても、負け、負けの連続だったように思います。 私はそのようにして彼と共感することができました。 その瞬間、私とキャラクターがリンクしました。

    『BLUE LOCK』の特定のキャラクターに強い親近感を感じることはありますか? (イサギ以外にも)

    :奥仁伊右衛門ですね。 彼はとても日本人っぽいですね。 彼は頼まれると断れないのですが、私もそれに共感します。
    彼はとても親切で寛大ですが、意志が弱いと言えるほどです。 私も少しそういうところがあると思うので、とても共感します。

    有沢: 親族関係、親近感という点では、アンリと言わざるを得ません。 彼女は Blue Lock のプロデューサーであり、すべてを始めたのです。 彼女はエゴをプロジェクトに参加させ、監督とスポンサーの間ですべてを実現させようとしている。 彼女は私がこのシリーズでやっているのとまったく同じことをやっている。 彼女はとても若いので、私は彼女に少し共感します。

    ブルーロックシーズン2へ

    特に何か楽しみにしていることはありますか ブルーロック シーズン2?

    :セカンドシーズンでは、イサギはより強力な敵と対戦できるようになり、その数はますます増えていくので、それは楽しみです。 声優として言えば、ベテランの声優さんたちと共演させていただくことが多いです。 現時点で明らかにできることはあまりありませんが、それは楽しみです。

    有沢: たくさんの新キャラクターが登場するので楽しみです。 しかし、アークに関して言えば、それはイサギがトレーニングによってどのように強くなるかについてであり、より内向的な成長についてでした。 シーズン 2 では、彼がどれほど強くなったのかを世界に証明することになります。 シリーズ自体についても同様です。 視覚的な要素が向上していて、私たちにとってはこのシリーズがいかに素晴らしいかを世界に示すようなものなので、そこには類似点があります。


    このような素晴らしいシリーズについて貴重なお時間を割いていただき、浦一樹さんと有沢涼也さんに感謝いたします。 このシリーズの映画『BLUE LOCK – EPISODE Nagi』は 2024 年 4 月 19 日に公開される予定で、今年初めにシーズン 2 が発表されました。 それまで、私たちはもっと興奮し続けなければなりません ブルーロック

    ©金城宗幸・ノ村優介・講談社/「ブルーロック」製作委員会

    The post インタビュー:BLUE LOCK 声優・浦一樹氏とプロデューサー・有沢良也氏がアニメコーナー最初に登場。