Skip to content
Anime Guides Japan

『ニーア オートマタ』ヨコオタロウ氏と斉藤洋介氏が新作ゲームを制作中

『ニーア オートマタ』ヨコオタロウ氏と斉藤洋介氏が新作ゲームを制作中

韓国で開催されたG-STAR 2023のパネルディスカッションで、ヨコオタロウと本作のプロデューサー兼ディレクターの斉藤陽介氏が登壇した。 ニーア オートマタ、ゲームの制作と開発プロセスを掘り下げました。 プレゼンテーションの締めくくりとして、齊藤氏は現在、タロウ氏と本作とは別に新しいゲームプロジェクトに一緒に取り組んでいることを明かした。 ニーア シリーズ。 [Thanks, 4Gamer!]

ヨコオタロウは自分が達成した成功を信じているかと尋ねられたとき、 ニーア オートマタ 二度と起こる可能性はないが、そのような結果が起こり得るという考えを彼は熱烈に否定した。 人気を考えると、 ニーア オートマタ、高い売上高を達成するのは難しい記録です。 ヨコオタロウは「まったく不可能だ」と主張した。

斉藤陽介氏は、このゲームの成功はバランスの取れたチームが協力して取り組んだおかげだと述べた。 作曲家(岡部啓一)、ゲームデザイナー(田浦貴久)、キャラクターデザイナー(吉田明彦)はみなその才能を称賛されましたが、斉藤氏もヨコオタロウ氏も、彼らのチームを機能させるのは彼らのスキルの組み合わせだけではないことに同意しました。 プロジェクトを成功に導いたのは、チームの緊密な関係と、プロデューサーとディレクターが優先したことの間のバランスでした。 彼らは、ゲームがどうなりたいのかという共通のビジョンを共有することができました。

ヨコオタロウ氏も、当初は日本人プレイヤーの好みにアピールすることだけを優先しており、それしか理解していなかったとも主張した。 さらに、彼は日本国外のニッチ市場に支持されるという考えを気にしませんでした。 そうして主人公は「日本刀を持ったゴスロリ少女」に落ち着いたという。 そこから既存の作品と比較されにくいゲームを目指したという。

最後に齊藤陽介氏は、今後もプロデューサーとして活動していきたいとコメントし、プレゼンテーションを締めくくった。 ニーア ヨコオタロウが生きている限りシリーズ。 さらに、2024年中にタロウとの新しいプロジェクトを発表したいとほのめかした。